So-net無料ブログ作成

南アフリカの都市-森林モザイクでナキサイチョウの出現を決める要因 [原著]

Chibesa & Downs (2017) Factors determining the occupancy of Trumpeter Hornbills in urban-forest mosaics of KwaZulu-Natal, South Africa. Urban Ecosystems. doi:10.1007/s11252-017-0656-3.

南アフリカのナキサイチョウを対象として、ポイントカウント法による調査を行い、都市-森林モザイクにおける出現パターンを解析した研究。2014年9月から2015年3月にかけて、3調査地に計50箇所のポイント(およそ1km間隔)を設定し、10回の調査を行っている。さらに各ポイントの半径30m以内の結実木の数、大きな木の数、ヒトの活動(調査中に通過したヒトや車の数)、住宅密度、標高との関係を調べている。

50箇所のポイントのうち、ナキサイチョウが記録されたのは19箇所にすぎない。ナキサイチョウのoccupancyに関わる要因としては、ヒトの活動(負の効果)、大きな木の数(正の効果)、detenctionに関わる要因としては、住宅密度(負の効果)、結実量(正の効果)で、それほどおかしくはない。ただ、いずれの要因も値が小さいところでばらつきが大きく、ある程度、大きな値ではoccupancyもdetenctionも高い(低い)ので、閾値がありそう。

ナキサイチョウはある程度、都市環境も利用できるとは言え、好んで使っているわけではなさそう。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。