So-net無料ブログ作成

Why Birds Matter, Chapter 1 [原著]

Whelan et al. (2016) Bird ecosystem services. Economic ornithology for the 21st century. In Sekercioglu et al. (eds.) Why Birds Matter. Avian ecological function and ecosystem services. Pp 1-24.

「地球の出」の写真が扉になっているこの本のイントロ。最初はWeb of Scienceを利用して、ecosystem servicesが含まれる論文数の推移や主要な分類群(birds、fish、fungi、insects、mammals、plants、spiders)の論文数を調べている。Ecosystem servicesが使われた最初の論文が1983年に出版されてからしばらくはほとんど使われていないが、2003年のMillennium Assessment以降、論文数が急速に増えている。扱われている分類群としては、plantsが圧倒的に多く、次がfish、insects、birdsと続いている。

鳥類による生態系サービスを評価するには、生態系機能を評価することが必要だし、そのためには自然史、特に採食行動に関係する部分の情報が重要。この本では、3章で鳥類によるトップダウン効果、4章で送粉、5-7章で種子散布(一般、カモ類、カラス科)、8章で腐肉消費について扱っている。9章で栄養塩循環を扱っており、こちらは藤田さんと亀田さんの共著。

後半はeconomic ornithologyの歴史についての紹介。生態系サービスという用語はごく最近になって使われるようになったけど、economic ornithologyという視点はかなり古くから使われている。人間にとって鳥類は作物の害鳥にもなるし、作物の害虫をコントロールする益鳥にもなるが、益鳥としての視点は現在に至るまで、あまりよく知られてはいない。

economic ornithologyの歴史は自分ではまず調べることがないので、まとめてあるのは便利なのだけど、本文中で引用されている文献の一部が、章末のリストに掲載されていないのは残念。その辺はしっかり確認しておいてほしい。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。