So-net無料ブログ作成

チェジュ島でヒヨドリが利用する果実 [原著]

Kim et al. (2015) The status of fruits consumed by Brown-eared Bulbul (Hypsypetes amaurotis) as a seed dispersal agent on Jeju Island. Journal of the Korea Society of Environmental Restoration Technology 18:53-69

2013年から2014年に月2回、チェジュ島全域の調査地点で調査を行い、ヒヨドリが食べる果実種を記録している。最終的には38科82種の果実を利用しており、上位5科(バラ、クスノキ、クワ、モチノキ、ブドウ)で39%を占めている。果実を食べていた場合は、食べ方も記録しており、小型の果実は丸呑みして、大型の果実はつついて利用している。結実パターンは10月をピークとして秋に結実個体が多く、1月から8月は非常に結実個体数が少ない。

英語で書かれているのは要旨と図表だけだが、チェジュ島でヒヨドリが利用している果実リストには、果実サイズ、形、結実時期、色、なども含まれているので、何かと便利。イントロの一部は引用文献からだいたい内容を類推できるけど、さすがに全文の理解は難しい。ヒヨドリがサンゴジュ、ヤマボウシ、タチバナモドキ、カキの果実を食べている写真が掲載されているけど、PDFくらいカラーでも良かったのではないかな。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。