So-net無料ブログ作成

The ornaments of life: coevolution and conservation in the tropics, Chapter 2後半 [書籍]

Fleming & Kress (2013) The ornaments of life: coevolution and conservation in the tropics, Chapter 2, Patterns and regional and community diversity, p 24-62.

2章の後半は群集の集合則(community assembly rules)に関連した話題で、最初はFleming (2005) Oikosに掲載された新熱帯と旧熱帯で花や果実の種数あたりの花蜜食・果実食の鳥類・コウモリ類の種数の関係を87箇所の研究事例に基づいて解析した研究の紹介。2004年にシーサンパンナで開催された種子散布ワークショップで聴いた時には、その徹底的なレビューに圧倒されたことを覚えている。

両対数軸で図示されている点を注意しないといけないが、新熱帯では植物の種数に対して動物の種数が相関する。一方、旧熱帯ではそのような関係が認められない。また、新熱帯では、鳥類とコウモリ類がほぼ同じ傾きを示すが(植物3種あたり動物1種で、3:1 ruleとしている)、旧熱帯では、これでもかというくらいバラバラ。旧熱帯のデータにはわたしのカオヤイデータも貢献しているのだけど、小型の果実食鳥類を含んでいない点で不十分なデータセットになっている。

最後に最近の相互作用系の研究でよく見られるネットワーク解析を紹介している。コスタリカの果実と果実食コウモリ、ブラジルの花と花蜜食鳥類の2つの事例についてbipartite graphではなく、energy minimization graphを作成している。相互作用に関わる種数があまり多くなければ、energy minimization graphの方がイメージしやすいか?ただし、ネットワーク関係については、9章でもう少し詳細な内容が紹介される。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。