So-net無料ブログ作成

ナナミゾサイチョウ属とサイチョウ属の窒素要求 [原著]

Foeken et al. (2008) Determining nitrogen requirements of Aceros and Buceros hornbills. Zoo Biology 27:282-293.

飼育個体を利用してシワコブサイチョウ1個体、パプアシワコブサイチョウ2個体、オオサイチョウ2個体、ツノサイチョウ5個体の窒素要求を調べた研究。元は17羽を調査対象にしていたが、2回目の調査では繁殖行動が見られたので、ペアの個体を外したので9羽が調査対象になっている。

野外では不可能な研究なのでこういった形で動物園の飼育個体を用いた研究が進むのは重要。ナナミゾサイチョウ属とサイチョウ属のタンパク質摂取量を定量化する事を目的とした研究。タンパク質の含有量が異なる餌を与えて、体重変化を調べている。計算上のタンパク質の含有量と実際に解析した含有量とはまあまあ一致しており、実験には問題なさそう。ただ、あまり明確な傾向は見られない。

実験とあまり関係ない貴重な情報としては、飼育下でもほとんど水を飲む行動は観察されていないらしい。
コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

フィーフィーボー

いま、カオグロサイチョウ、パラワンサイチョウ、アカサイチョウを飼育していますが、たしかに、水を与えたことがありません。
以前にキタカササギサイチョウを飼育していましたが、これにも水を与えたことがありませんでした。
一日に大量の果実を与えていますので、それで充分のようです。
タンパク質量については、頭を悩ませているので、一度原著も読んでみたいです。他種に比べてカオグロはかなりタンパク質が必要な感じです。
by フィーフィーボー (2013-11-01 19:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。