So-net無料ブログ作成

中国の亜熱帯広葉樹林における種子散布フェノロジーと散布シンドローム [原著]

Du et al. (2009) Seed dispersal phenology and dispersal syndromes in a subtropical broad-leaved forest of China. Forest Ecology and Management 258:1147-1152.

CTFSと同じ方式を用いて設定した24haの永久調査区内に130個の種子トラップを2.3kmのトレイル沿いに設置し、毎週一年間にわたり回収した69,115個の種子の構成を調べている。将来的にはBCIなどのデータと比較するのだろう。回収された種子の構成は15科24属27種と熱帯雨林と比べるとかなり多様性は小さいが、東南アジアの亜熱帯林のデータは貴重。

ただし、159種のうち、27種しか回収されていないのが疑問。少なすぎるような気がするけどそんなものだろうか?一年間だから結実していない種も多いのだろうか?ブナ科、ツツジ科、ツバキ科、マンサク科などが主で、果実型はberry(33%)、capusle(22%)、nut(18%)、drupe(11%)、果実の色は茶(40%)、黒(15%)、赤(11%)、黄(4%)の順番で、熱帯雨林の果実構成に慣れているとちょっと違和感がある。既にテキストに書いた内容を立体円グラフで示すのは???

今後、このデータと関連付けることのできるような果実食動物のデータが出てくるかどうかが問題。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。